手紙
離れた人と連絡をとる時、便利なメールが主流になりつつありますが、逆に手紙が届くと、新鮮に感じるものです。

でも、改まって手紙を書くとなると、決まりごとなどが気になってなかなか上手にかけないということも。

特に結びの言葉で失敗しないように、上手な手紙の結び方について考えてみました。

スポンサーリンク


手紙の基本的な組み立て

便箋を選ぶところから、ポストまで足を運んでくれた手間を考えると、手紙って、ありがたいものなんだなと今更ながら、感じます。

手紙には、挨拶状や、お礼状、お詫び状、お見舞い状などがありますが、基本的な組み立て方は、同じになります。

1.前文(最初の書き出し)
季語を含んだ、時候の挨拶を最初に書きます。

2.主文(本文)
手紙を書いた目的である用件を記述する部分。

3.末文(結びの言葉)
締めになる文章です。文章をきちんとまとめます。

ビジネスレターでしたら、もっと細かく決まりがありますが、親しい人への手紙でしたら、上の3つを押さえていれば
良いでしょう。

結びの言葉の意味と、上手な書き方は?

前文と主文がきれいに書けても、結びの言葉が今ひとつだと、全体的な印象も、残念なものになってしまいます。

その逆に、結びの言葉がきれいに書けていると、前文、主文の足りないところを、補う働きをしてくれます。

結びの言葉にも、色々なものがありますので、手紙を送る相手に合わせた言葉を選びたいものです。
スポンサーリンク

結びの言葉の種類

ビジネスレターの場合は、締めの言葉と言えば

・まずは書中にて御礼申し上げます。

・取り急ぎ、用件のみで失礼いたします。

・以上、どうぞよろしくお願いいたします。

といった言葉が、結びの言葉となります。

ちょっと固い印象になります。

個人宛の手紙の場合は、もう少し柔らかい言葉を使い、親しみを感じてもらいましょう。

よく使われる結びの言葉は、相手の健康を気遣う言葉です。

・時節柄、お風邪など召されませんように。

・くれぐれも、ご自愛ください。

・無理をなさいませんように。

・ご家族の皆様の健康をお祈りしております。

こういった言葉は、暖かい心遣いを感じられます。

また、相手の幸せを願う言葉も、運が良くなりそうで、嬉しいものです。

・お仕事が成功されますように。

・ますますのご活躍をお祈りしております。

・ご多幸をお祈りしております。

目上の方にでしたら、へりくだって指導を請うような締めの言葉でも良いでしょう。

・今後とも、ご指導、ご鞭撻、よろしくお願いいたします。

・お力添えをいただきますよう、よろしくお願いいたします。

会いたいという気持ちを表す挨拶も、良いでしょう。

・近いうちにお会いできる日を楽しみにしております。

・近いうちに、元気なお顔を見にお伺いします。

最後にご家族や相手の友達への伝言を頼む言葉を入れることもあります。

・奥様にもどうぞよろしくお伝えください。

・ご家族の皆様にも、どうぞよろしくお伝えください。

スポンサーリンク