便箋と封筒
暑中、寒中見お舞いや、お礼状等、手紙の結び言葉に良く使われる「ご自愛ください」という言葉。

使う時期を選ばなくて良く、とても便利な言葉ですが、使い方のタブーはあるのでしょうか?

目上の人にも使っていいものなのでしょうか?また、目下の人に使う場合は、どんなニュアンスになるのでしょう?

スポンサーリンク

ご自愛くださいの本来の意味とは?

ご自愛・・・と言う言葉の通り、自分を愛する=自分を大切にするという意味だということはわかります。

お体を大切にしてくださいという、意味が込められた言葉です。

相手の健康を思いやる、優しさを感じられる言葉ですね。

特に、夏場や冬場の、気候が厳しい季節や、季節の変わり目の体調を崩しやすい時期などには、良く挿入される言葉です。

また、ご自愛という言葉は、自分の体という意味も持っていますので、精神的なことよりも、健康といった意味になるようです。

どんな関係の人に対して使っていいものなの?

ご自愛くださいという言葉は、どんな関係の人にも使って良いとされている言葉です。

ビジネスでも使えますし、親しい間柄でも使えます。

目下のものから、目上の方にも使うことができますし、逆に、目上の方から、目下の人に使っても良いとされます。

男性から女性に、女性から男性にも使えます。

ご自愛くださいという言葉自体が、尊敬の意味を含んでいます。

ですので、目上の人から、目下の者にご自愛くださいと言われた場合には、謙遜を持って受けなければならないという意味合いになります。

スポンサーリンク


ご自愛くださいの正しい使い方は?

良く間違って使われるのは「お体ご自愛ください」という言葉です。

この場合、ご自愛と言う言葉自体に、体を大切にするという意味が含まれていますので、お体という言葉は、意味が重複するので不要です。

使い方としては、ご自愛くださいの前に

「寒さ厳しい折、ご自愛ください」
「季節の変わり目、どうぞご自愛ください」

といった気候に関する言葉を入れたりするのが、一般的です。

「ご多忙とお伺いしておりますが、どうぞご自愛ください」
「くれぐれも、無理をなさらないよう、ご自愛ください」

と、お仕事で多忙な人や、年末などの忙しい時期にも使ったりできます。

「お風邪などひかれないよう、どうぞご自愛ください」

というように、風邪が流行っている時期などにも、使うことができます。

また、この言葉は、すでに体調を崩している方に使うのは不適切とされています。

体調を崩している方には、

「お大事になさってください」
「1日も早い回復をお祈りしております」

という言葉を使うようにしましょう。

スポンサーリンク