腹痛梅雨の季節や、暑い夏場は、食べ物が傷みやすくなります。

気をつけていても、食あたりを起こしてしまうことがあります。

食あたりと言っても、体力のない高齢者や、子供がなると命取りになってしまうこともあります。

食あたりかなと思ったら、早めに適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク

食あたりの症状とは?食あたりと食中毒の違いは?

食あたりと、食中毒は同じ意味になります。

細菌やウイルスがついた食べ物などを体に取り込むことで、体に影響がでることを食あたりまたは食中毒と呼びます。

細菌やウイルス以外にも、自然毒物や、科学毒物を服用することによる食あたりもあります。

医学用語では、食あたりとは呼ばれず、食中毒と呼ばれます。

食あたりの主な症状は、下痢、腹痛、嘔吐、発熱といった症状で、何度も下痢や嘔吐を繰り返し、脱水症状になったり、起き上がる気力を奪われてしまうこともあります。

普段のちょっとした下痢とは違い、上記の症状が重症化するようですと、病院に行った方が良いでしょう。

食あたりの種類は?

食あたりの種類には、
  • 細菌感染
  • ウイルス感染
  • 毒物によるもの
などに分けられます。

食中毒の多くは、細菌感染か、ウイルス感染によるものとなります。

スポンサーリンク


細菌性食中毒

食あたりのほとんどの原因を占めるのが、細菌による食中毒です。細菌には多くの種類があります。

代表的なものには、サルモネラ菌、腸管出血性大腸菌(O157等)があります。

他腸炎ビブリオ、カンピロバクター、ボツリヌス菌、黄色ブドウ球菌、赤痢、チフス、コレラ菌なども含まれます。

ウイルス性食中毒

ウイルス性食中毒は、冬場に起きることが多いです。

ウイルス性食中毒には、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス、コロナウイルスなどがあります。

その中で最も多いのは、ノロウイルスによる食中毒です。

毒物による食中毒

自然界にある毒による食中毒と、化学物質を服用したことで起こる食中毒もあります。

自然毒には、ふぐ、きのこ、貝類(牡蠣や、二枚貝等)、山菜などに含まれています。

化学性の毒には、農薬、洗剤、漂白剤などが混入したために起こる食中毒になります。

 

食あたりの症状が出るまでの時間は?

細菌性や、ウイルス性のものには、感染後2-3時間で発症するものから、数週間の潜伏期間があるものもあります。

ノロウイルス潜伏期間 12-48時間

サルモネラ潜伏期間 6-48時間

腸管出血性大腸菌潜伏期間 4-8日

すぐに症状がでないものもあるので、食あたりの症状が出たときには、1-2日前のものだけではなく、一週間前ぐらいまでさかのぼって、食べたものについて、見当をつけると良いでしょう。

スポンサーリンク