足レストレスレッグス症候群とは、レストレスという名前の通り、「じっとしてられない足」、「むずむずする足」といった意味です。

むずむず脚症候群とも呼ばれ、足の裏やふくらはぎ、太もも等に不快感があり、じっとしていることが苦痛で、不眠や精神障害を起こすこともあります。

スポンサーリンク


レストレスレッグス症候群の症状は?対処法は?

レストレスレッグス症候群は、足の奥のほうに、むずむずしたり、かゆみを感じたり、針でさされるような不快感を感じる病気です。

特に夕方から夜、じっとしているときにより感じることが多くなります。

この不快感は、足を動かしたり、歩いたりすることで消えるため、常に部屋をウロウロしたり、足を揺らしていたりすることになります。

まれに、足だけではなく、背中や腰、手にもむずむずを感じる人もいます。

眠くても、このむずむずのせいで安眠できず、不眠症になってしまうこともあります。睡眠不足やストレス、病気に対する不安などで、精神的にもうつ病を併発したりするケースもあります。

 

レストレスレッグス症候群の原因は?

レストレスレッグス症候群の原因は、まだ解明はされていません。

ですが、原因が、神経伝達物質のドーパミンに関わっているのではないかと言うことは分かっています。

鉄分摂取量が少ないと、ドーパミンがきちんと作られずに、神経伝達に異常が生じてしまい、レストレスレッグス症候群を
引き起こしているのではないか
と、言われています。

他にも、遺伝で起こっている場合や、薬などの副作用でおこっている場合などの説があります。

レストレスレッグス症候群の患者さんの特徴として、透析を受けている患者さんには、多く発症例があります。

他にもパーキンソン病、下肢静脈瘤、鉄欠乏性貧血、糖尿病、甲状腺機能低下症、リウマチ、通風などを患っている人に、レストレスレッグの症状があるようです。

妊娠中の場合も発症率が高く、妊婦さんの5人に一人は、レストレスレッグス症候群があるということです。
スポンサーリンク

何科に行けばいい?

レストレスレッグス症候群は、睡眠障害を起こすことから、睡眠を専門に扱うところが良いでしょう。

大きな病院の中の睡眠障害を専門に診てくれる科か、睡眠障害を得意とするクリニックなどにもあります。

または神経に関係する病気ですので、神経内科があれば、そちらにかかると良いでしょう。

 

レストレスレッグス症候群に効果のある治療薬はある?

レストレスレッグス症候群は、普段の生活の中では、鉄分を補給することを気をつけたり、アルコールやカフェインを
控えめにすると良いと言われています。

またタバコも悪影響があると言われています。

バランスの良い食事と、ストレッチや適度の運動は症状の改善が期待できます。

それでも足のムズムズが改善されず、ひどくなってつらい場合は、薬での治療になります。ドーパミンが関連しているということで、ドーパミンが正常に作られる薬を使用します。

その他にも、パーキンソン病や、リウマチ、けいれんの薬が効くとも言われています。

薬については、症状を抑える良い薬が日々開発されています。

つらい場合は、薬の処方を受けたほうがよさそうです。

治療は長期になることが多いため、予防も大切です。

また、カフェインの取りすぎや、お酒の飲みすぎで、レストレスレッグにならにように、予防も忘れずに。

 

まとめ

レストレスレッグス症候群は、患者数が多いのに、
まだ認知度が低いために、苦しんでいる方も多いと思います。

疑わしい症状があれば、診察を受け、適切な治療をしてもらいましょう。

 

スポンサーリンク