津波避難標識予期せぬ災害は、いつ襲ってくるかわかりません。

地震、津波、洪水などの天災や、原子力など、避難勧告や、避難指示が出されるケースがあります。

避難勧告が出た場合は、すぐに避難をしたほうがいいの?

避難指示が出た場合は、強制的に避難しないといけないの?

それぞれの意味を把握して、イザという時に備えておきましょう。

スポンサーリンク


避難勧告と避難指示の違いは?ランクの違いは?

災害が発生し、その程度により市町村から「避難勧告」や「避難指示」が発令されることがあります。

それぞれの重要度や緊急度を知っておきましょう。

避難指示

緊急度、重要度ともに「高」となります。

災害により、ケガをしたり、人命を脅かす事態になりかねないと判断された場合に発令されるもので、緊急事態を意味しています。

速やかに避難することが望ましいです。

避難勧告

緊急度は「中」レベルとなります。

避難指示よりも弱くはなりますが、事態が急速に変化をする可能性もあるので、できれば避難をしたほうが安全です。

また、避難指示と避難勧告の下にもうひとつ「避難準備」というものを設けているところもあります。

こちらの緊急度は「低」ではありますが、避難をする準備をしておきます。

いざ、避難勧告や避難指示が出た場合に、速やかに避難ができるようにしておく必要があります。
スポンサーリンク

だれが避難勧告と避難指示を出す?

避難勧告と避難指示は、災害対策基本法により、その土地のことをよく把握した各市町村の長が発令することになっています。

気象庁の警報などを元に、避難をするレベルを決めてあるようです。

その基準は、市町村により異なります。

早めに避難を呼びかける地域もあれば、発令には慎重になる地区もあります。

個人の判断で、危機を感じたら自主的に避難をするという決断も時には必要でしょう。

避難勧告が出なくても、災害は起こることもありますし、その逆もあります。

従わなかったらどうなる?

避難指示や、勧告が出た場合、もし従わずに避難しなかったら、どうなるのでしょう。

罰則などは生じるのでしょうか。

これは災害対策基本法60条により、「避難勧告に従わなくても罰則はない」と定められています。

ただし、「警戒区域」に指定された場合、そこから避難をしない場合は、罰則が生じることもあります。

自分の住んでいるところで避難勧告と避難指示が出されたら?

避難指示や避難勧告が出たら、自分が大丈夫だと思っても、避難に従うほうが良いとでしょう。

市町村長には、個人が収集するよりも多くの情報が、入ってきており、そのデータに基づき、避難指示や勧告を出しています。

スポンサーリンク