パスワード管理パソコンや携帯で色々なことができるようになったのは便利なのですが、あらゆる場面で暗証番号やパスワードを求められます。

簡単なものだと、ハッキングされやすいし、複雑なものだと覚えていられない。

手帳に書いておいても、落としたら危険だし・・・ということで、暗証番号やバスワードを上手に管理するには、どうしたら良いのでしょう?

スポンサーリンク


暗証番号やパスワード管理。みんなはどうしている?

銀行のATMカードや、クレジットカードの暗証番号、ネットバンキングのパスワード。

パソコンのログインパスワードや、や携帯の暗証番号入力。

メールアドレス、SNSのログイン、おさいふ携帯のロック解除などなど。

ちょっと思いついただけでも、日常生活で必要なパスワードは結構多いものです。

全部同じパスワードにすると、漏洩した時に全てが被害を受けることになってしまいます。

パスワードは複数管理することになりますが、紙に書いておくか、パソコンや携帯の中に保存するか。

どんな方法でも100%安全は保証できませんが、みんなが、どんな風に管理しているのか、気になりますね。

紙やメモ帳に書いて、管理している人もいます。

パソコンや携帯での管理は、読み取られる危険もあるのですが、紙やメモ帳は、落としてしまったら終わりですよね。

紙に書いておく場合は、文字を自分だけがわかる暗号にしておくと、万が一の紛失時でも安心です。

よく使う「a」や「o」だけを、別の記号にしておくなど、ルールを決めておくと良いでしょう。

パソコンで管理する場合は、エクセルにパスワードをまとめておき、保存をするとき、パスワード設定をします。

パスワードが分からなければ、開くことができませんので、パソコンを共用している人には、オススメです。

エクセルを開いてから

ツール→オプション→セキュリティ→パスワード設定で、

設定が簡単にできます。
スポンサーリンク

パスワード管理で危険なのは?

パスワードが簡単に推測されないように、設定の時に、複雑にしておくことで危険を回避できます。

同じパスワードの使いまわし

ひとつハッキングされると、複数の被害に繋がる原因になります。

生年月日や車のナンバー、電話番号をそのまま入れる

他人に推測されやすいものは、一工夫が必要です。

家族やペットに関するもの

家族の名前や生年月日も、推測しやすいです。自分のものでないからと、安心はできません。

単純な数字やアルファベットの並び

設定が面倒だからといって「123456」「abcdefg」などは避けましょう。

英単語

よく耳にしたり、好まれる英単語も避けたほうが良いです。

またパスワードの管理で、パソコンのメモ帳に書いたものを、普通にデスクトップに置いておくなどはしないようにしましょう。

ウイルスやスパイウェアに感染することで、パソコン上のデータを読み取られる場合もあるので、普段からセキュリティを万全にする必要もあります。

複数の人がアクセスできる無料のLANなどからも、ハッキングできる場合もあります。

大切なログインは、人と共用するパソコンやLANなどできるだけ使わないほうが安心です。

パスワード管理の安全で簡単な方法は?

パソコンで管理をする場合は、暗証番号、パスワードを管理するソフトが、いくつかあります。

無料ソフトのものもあれば、有料ソフトもあります。

中には、複雑で推測されにくいパスワードを、作成してくれるという機能を持っているものなどもあります。

有料のものでも、月額数百円程度で、使えるものもあります。

機能や金額を比較して、使いやすそうなものを探してみましょう。

また、携帯のアプリでも色々とあります。

パソコン、携帯と両方からアクセス可能なものもあります。

既に使用しているアンチウイルスソフトの中に、パスワード管理機能がついているものもあります。

スポンサーリンク