暑中見舞い暑い夏、相手の体調などを気遣いながら書く暑中見舞いのはがきは、とても素敵な日本の習慣です。

今はメールでも、簡単に遠方の人にも連絡が取れる時代ですが、だからこそ、ハガキが新鮮に感じます。

今年は、涼しげなイラストの入ったハガキに、手書きで暑中見舞いを大切な人に送ってみませんか?

スポンサーリンク


暑中見舞いを出す時期は?

暑中見舞いは、暑くなってしまってから出すと、もう暦の上では残暑になってしまっています。

梅雨明けから、遅くとも、立秋にあたる、8月7-8日ぐらいまでに届くようにします。

ということは、7月中には送ったほうが良いわけですね。

立秋は、字のごとく、まだ暑さたけなわであっても、もう暦では、秋になってしまいます。

立秋以降に出す場合は、残暑見舞いとします。

暑中見舞いにはどんなことを書けばいいの?

暑中見舞い用のハガキには、風鈴や、海、カキ氷、すいか、花火、金魚などの、涼しさと季節感を感じさせるイラストが描かれています。

ハガキには、
  1. 暑中見舞いの挨拶となる最初の言葉
  2. 季節の挨拶
  3. 近況報告
  4. 相手の様子を気づかう言葉
  5. 日付け
こんな順序で書けばよいと思いますが、目上の方に送る場合は、例文集なども参考にして書いてるといいでしょう。

一般的な例文としては、こんな形になりますので、3,4に自分の文章を付け加えて書いてみてはどうしょう。

暑中お見舞い申し上げます

厳しい暑さの毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで私ども一同、相変わらず元気に暮らしておりますのでご安心ください。

暑さはまだしばらく続きそうですが、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

平成XX年 盛夏

スポンサーリンク

先方が喪中の場合はどうするの?

年賀状と違い、暑中見舞いには、お祝いの言葉が含まれていないため、出しても問題はありません。

お中元、お歳暮も送っても、問題はありません。

ただし、ハガキの絵柄や、文面には、ふさわしいものに、少し気を使うことをお勧めします。

 

残暑見舞いは暑中見舞いを出した人にも出す?

残暑見舞いは、8月7-8日の立秋から、9月6日ぐらいまでに届くようにします。

暦の上では秋ですので、ハガキも、とんぼなどのイラストもOKです。

なお、暑中見舞いを出した人には、残暑見舞いを出すことはありません。


どちらかひとつにします。

書き方は、暑中見舞いと順番は同じですが、いただいた暑中見舞いや、お中元のお礼などを、残暑見舞いとして書いてもいいですね。

暑中見舞いでは「盛夏」を使いますが、残暑になると「晩夏」「立秋」「葉月」という言葉となります。

関連記事:残暑見舞いの文例は?自分らしく気遣いのある文書の書き方とは?

スポンサーリンク