エアコン
冷房病にかかって、体がだるくなってしまう・・・。

そう言われて来ましたが、あまりの暑さで夜中に何度も目が覚めてしまうと、寝不足になってしまいます。

正しいエアコンの使い方で、夏の夜を乗り切りましょう。

スポンサーリンク


エアコンをつけないでガマンしてると、熱中症になる?

エアコンつけっぱなしで寝るのは、体によくないとされてきました。

冷やしておいて、寝るときには消したほうが良いとか、タイマーで1-2時間後には消えるようにしておくと良いとか。

ただ、タイマーが切れた後、寝汗びっしょりで目が覚めてしまう。そしてまたエアコンをつける・・・という場合は、消す必要はありません。

睡眠が充分でなくなってしまうことや、寝汗を冷やすことで、風邪をひく原因にもなってしまうからです。

特に、睡眠が深くなった時には、体の体温を調節する脳の働きも低下しています。

熱中症になりかけてても、その兆候に気がつかないということにもなりかねません。

 

エアコンの温度調整はどれぐらいがベスト?

エアコンの温度が低すぎると、気がついたら寒すぎてタオルケットにすっぽりくるまっていたりしませんか?

寝ている時は、体感温度も鈍くなっているため、冷やしすぎに気がつかないことがあります。

冷房病や、風邪を引く原因になってしまいますので、冷やしすぎは絶対に良くありません。
スポンサーリンク


エアコンの設定温度は、普段よりも少し高めの温度を設定しておくのが良いとされています。

27-28度ぐらいです。

ただ、体感温度は個人差があるので、この温度でも汗が出て、暑くて寝られないという人もいると思います。

女性よりも、男性のほうが暑がりですし、室内犬などのペットがいる場合は、人間よりも暑がりです。

そうなると、誰に合わせたらいいのかということにもなります。

ベストな温度は、その家にもよって若干ちがいます。

 

エアコンつけっぱなしの場合、注意することは?

エアコンつけっぱなしにする場合に、注意することがいくつかあります。

いつもと同じ設定温度でも、体調やその日の気温によって、寒さを感じることもあります。

ちょっと寒いと感じても、眠いとなかなかエアコンの温度調節のために起きて・・・というのが億劫なものです。

タオルケットや布団などは、寒さを感じたらすぐにかけられるようにそばに置いておきます。

また、扇風機でもそうですが、エアコンの風が直接当たらないように調節をします。

風を上向きにすると、部屋がぜんぜん冷えないということもありますので、ちょうど良い場所に当たらない場合は、風向きを調節するグッズなどもあります。

スポンサーリンク