目をマッサージする男性ふとした時に、目元やまぶたがピクピクして、止めようと思っても止まらないことがあります。

一時的なもので、すぐに収まるようでしたら良いのですが、ずっと続いてしまう場合は何か病気が隠れているかもしれません。

スポンサーリンク


まぶた痙攣が片目だけ止まらない!ずっと続く場合は?

まぶたの痙攣は、ちょっとした疲れやストレスから起こる場合があります。

それほど頻繁ではなく、すぐに収まる場合は、ちょっと休養をとることで回復します。

放っておくと、疲労や頭痛、肩こりなどになる場合があります。

パソコンや携帯を長時間使用することで、目を酷使した時になることがあります。

またストレスや、疲労、寝不足などで起こることもあります。

頻繁に痙攣が起きたり、目が開きにくくなったり、顔の他の部分も痺れたりする場合は、以下の病気の可能性がありますので、早めに医師にかかることをお勧めします。

「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」は、ドライアイのような症状が最初にあります。

瞬きの回数が多くなったり、症状が進むとまぶたが重くなったり、ものが見えにくくなったりします。片側だけでなく、両目におこることもあります。




「眼瞼ミオキミア」は、片眼にだけ痙攣が現れます。まぶたの上に起こることもあり、下に起こることもあります。目を酷使しない、疲れないようにすることで症状は治まります。




「片側顔面痙攣」は、最初はまぶたや目の周りだけの痙攣が、進行すると悪化していくと、片側の顔全体が痙攣します。顔がゆがんでしまうこともあります。

血管が神経を圧迫して起こることもあるので、別の病気を疑う必要もあります。

受診は眼科の他、内科や脳外科なども関係してくることもあります。

スポンサーリンク

まぶた痙攣の原因は?

眼瞼ミオキミアのような軽いものでしたら、体を休めたりストレスを解消すると収まる場合があります。

またコーヒーを飲んでも症状が出る場合があります。

まぶたの痙攣の原因は様々です。

先に述べたように、他の病気のために、血管が神経を圧迫しておこる場合もあります。

脳の機能の異常によって起こることもありますし、別の目の病気が原因のこともあります。

 

まぶたの痙攣の治療と改善法は?

症状により、治療方法も異なりますが、眼精疲労が原因の場合は目薬などが処方されます。

内服薬による治療もあります。

また、眼瞼痙攣を止めるために、まぶたに注射をする治療法もあります。「ボツリヌス療法」と呼ばれるもので、筋肉の収縮を抑制させる効果があります。

 

まぶたの痙攣の予防法は?

疲れやストレス、目の酷使をしないように日頃から気をつけるようにしましょう。

普段気にとめることもあまりないかと思いますが、目は一日中働いています。

目をリラックスさせてあげることも、意識してみましょう。
  • パソコンや、携帯を使う時間を減らしてみる
  • 蒸しタオルや、暖かいアイマスクで血行を良くする
  • 軽くマッサージをする
  • 時々遠くの景色を見る
ちょっとした目のケアを日々の中に取り入れて見ましょう。

 

スポンサーリンク