外出先で靴紐がほどけると、
いちいちしゃがんで結びなおすのは、面倒臭いですよね。

それが一度ではなく、何度もほどけるし、
場所によってはすぐに結べないなんていうことも。

a0003_001671


イライラしますし、紐を踏んで汚れたりするし、ほどけやすい靴紐、
いいことはひとつもありません。

結んだら簡単にほどけない、最強の結び方はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


靴紐がほどける原因は?

靴紐がほどける原因は、色々とあります。

靴紐の素材の問題

靴紐自体が、固く結べない素材の場合もあります。

スニーカーなどのカジュアルな靴には、平たい紐をつかっています。

ビジネス用や、オシャレ用の靴には、丸い細いタイプの紐をつかっています。

丸い紐やよりほどけやすくなります。

紐がナイロン系の場合はほどけやすいので、コットン、麻に変えてみる。

結び方の問題

蝶々結びでも、間違った結び方で、逆結びになっていることがあります。

自覚がなくても、蝶々が縦になってしまったりする場合は、間違っています。

靴紐の長さの問題

靴紐の長さが靴や足の大きさにあっていない場合。

長すぎる靴紐を無理に使っている場合は、踏んでほどけてしまうことがあります。

 

靴紐がほどけない結び方や工夫は?

靴紐がほどけにくくなる結び方としてはイアンノットという結び方があります。

これは、スポーツ選手も実践している結び型です。

スポーツ選手で、競技中に靴紐がほどけてしまったら、大問題ですからね。

蝶々結びの最初のように、一度紐を結んでから、蝶々結びの場合は輪っかを一つ作りますが、
イアンノットは左右に2つの輪っかを作って、お互いの輪っかを通すように結びます。

実践動画などもあるので、やってみてください。

ほかには、ベルッティーと呼ばれる結び方です。

これは革靴の丸い紐にも使えます。

蝶々結びの時、最初に一度紐を結んでから、片方に輪っかを作ります。

そこに一周して紐を通して結ぶのが通常の蝶々結びです。

その後、できた輪っかに、もうひとつの輪っかを通してみましょう。

ほどけにくくなっています。

動画で見たほうが、一目瞭然です。

ほどけない靴紐の結び方(ベルッティー)

ほどけない靴紐の結び方(イアンノット)


靴紐がほどけなくなるグッズは?

靴紐に通して、ほどけにくくする、便利グッズも販売されています。

ba2ne(バネ)

靴紐を通して、固定するグッズ。

太い紐には利用できないですが、値段も手ごろで色のバリエーションもあります。



靴紐自体を、ほどけにくい素材のものに変えてしまおうというものもあります。

ヒッキーズ

アメリカ生まれのシューズファスナー。

左右の穴に通した後、中央でパチンと留める形になっています。

見た目もとてもオシャレなので、ファッションと実用性を兼ねる人気商品です。


プル&ロック


韓国生まれのシリコン製の収縮性の高い紐で、汚れにくい点も便利です。

左右の穴に通します。

足にもフィットし、耐久性もあるので長く使用できます。

スポンサーリンク