独居老人健康な人であっても、災害時の避難は大変なのに、ましてや年老いた親や、介護が必要な親を持つ人は、不安に思っている方も、多いと思います。

いざ災害が起こったときに、どんなことに気をつけて避難をするのか、また普段からどんな備えをしておけばいいのでしょうか。

スポンサーリンク


まずは家の中の安全の見直し

いざ災害が起きたときのことを想定して、家の中を見回してみましょう。

地震が起きたときに、安定の悪い家具などはありませんか?

背の高い家具や、倒れそうな家具は、補強する部品などを買って、壁に固定するようにしておきます。

食器棚なども倒れて、ガラスが飛び出て割れたりしては大変です。

取っ手にかけるストッパーなどをつけておけば、扉が開いて中の食器が飛び出してくるのを防げます。

ガラスには、張ると飛び散り防止になるフィルムなどもあります。

寝室で寝ている時に、家具が倒れてこないように、家具はなるべく背の低いものにしたり、出口を塞がないように、配置を工夫しましょう。

 

イザという時に備えておくこと

避難しなくてはいけない状況になった時に、持病の薬などは避難袋を作って、必ず入れて持っていくようにします。

オムツやパットを使っている場合は、下着と一緒に多めに用意をしておきましょう。

ただ、あまりに色々詰め込みすぎると、老人が一人で運ぶのには無理な大きさになってしまうかもしれません。

近所の避難所の場所を、親にも把握させておきます。

地図を描いて、張っておくなど、すぐに思い出せるようにしておきます。

また、散歩のついでに実際避難所まで行ってみたりすれば、安心です。

ラジオやテレビをつけて、災害の状況を確認すること。

災害伝言ダイヤルの使い方なども書いておくと良いでしょう。

電話は使えなくなってしまうことが多いので、やはり頼りになるのは近所づきあいです。

老人が住んでいると知っていれば、イザというとき思い出してもらえるかもしれません。
スポンサーリンク

避難時に気をつけること

災害時には、危険が迫っていても「自分は大丈夫」と、思い込もうとする心理が働くようです。

年をとると、とっさの判断力が衰えますし、また普段と違う行動をとることに、恐いと感じる人もいるでしょう。

避難すべきタイミングの時に、速やかに非難をしないと、命の危険にさらされることがあります。

自己判断をさせるのは、難しい場合は、やはり近所の人に何かあったらよろしくお願いしますと、伝えておくと良いでしょう。

また、足の悪い方や、寝たきりの方などは、自力での避難が困難になります。

そういった方は、自治会で要支援者の登録ができます。

自治体では「避難行動要支援者名簿」というものを作成して、支援体制を各自治体で定めています。

スポンサーリンク