自動運転昔は、こんな自動車ができるなんて、思っても見ませんでしたが、今や自動運転車が、実用化に向けて急速に発展中です。

でも、機械の判断は本当に安全なのか?
不測の事態の時には、危険はないのか?

などという安全性について納得のゆくものができたら、近い将来、実用化に動き出すと言われています。

スポンサーリンク




自動運転の国内、国外の現状は?

アメリカや欧州では、すでに2010年ごろから、自動運転車の開発、試験運転が行われています。

乗用車での試験運転の他、自動運転トラックでの走行実験も行われています。

日本では安全性の問題から、公道での試験運転に踏み切るまでは時間がかかりました。

国内では、各自動車製造会社が2015年に高速道路での試験運転が実現しています。

自動運転車の開発を進めるとともに、自動運転車用に考えた道路の整備なども必要になっていきます。

2020年開催予定の、東京オリンピックにあわせた開発が、現在進んでいるといった状況です。


各自動車メーカーの今後の展開は?

既に自動運転車のテスト走行や、高速道路だけを限定した、自動運転車の販売をスタートしているメーカーもあります。

スバル、日産では、すでに商品化。

ホンダ、トヨタも2016年現在、自動運転車モデルを発表しており、遅くても2020年までには、販売予定ということです。

ただ、最初は制限つきの走行になります。

現在は高速道路のみとなっていますが、一般道での利用ができるようになっているかは、まだわかりません。

自動運転車で、どこでも行けるようになるまでには、まだもう少し時間はかかりそうです。
スポンサーリンク

自動運転のリスクと利点は?

自動運転は、人間が運転するよりも安全と言われますが、全く事故がおこらないとは言い切れません。

自動運転のリスク

  • 機械の不具合・故障の場合の危険性
  • コンピューターのウィルス感染
  • ナビケーションのカバー範囲
  • 事故が起きた場合の賠償責任や、保険対応についてが未決定

自動運転のメリット

  • 人間が運転するよりも、安全で的確な運転ができ、事故防止につながる
  • お年寄りや、体の不自由な人でも利用が可能となる
  • ブレーキや運転の変なクセがなく、乗り心地も快適になる
  • 知らない場所でも、地図を探したり、電話で確認する必要がない
  • 無人運転が可能になったら、離れた場所にも車を呼ぶことができる
  • 必要なときに呼ぶだけなので、1家庭で何台も車両を保有する必要がなくなる
  • 車台数が減ることで、渋滞の緩和、環境問題にも貢献できる

スポンサーリンク