お薬薬局やコンビニ、スーパーで販売されている、市販の医薬品。

第1類とか第2類とかという区別を聞くことがありますが、1類2類3類の違いとは、何なのでしょう。

薬の効き目の違いなのでしょうか。

スポンサーリンク


市販薬の区分とは

市販薬は、OTC医薬品とも呼ばれます。

OTCとは、Over The Counterの頭文字をとったものです。

カウンター越しに買えるということで、わざわざ病院に行って処方箋を貰う必要がないということです。

市販薬の中にも区分があって、薬の中でも重要度が高いもの、取り扱いが難しいもの、副作用の可能性があるもの、薬の飲み合わせによって、危険があるといった、リスクの高い薬から順番にランクがあり、区分されています。

取り扱いに注意が必要なものから、順番にあげると
  1. 第1類医薬品 (要指導医薬品を含む)
  2. 第2類医薬品(指定第二類医薬品を含む)
  3. 第3類医薬品
となります。

第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品違いは?

1類2類3類の違いが、医薬品の重要度(リスクの高さ)だと書きましたが、どのような販売規制があるのかは以下の通りです。

第1類医薬品

薬の効き目は高いのですが、その分副作用のリスクもあります。

要指導医薬品と、第1類医薬品については、薬剤師がいないと、販売ができない薬となっています。

副作用が起こった場合は、重症になる可能性もあることから、薬剤師さんからの指導がないと、購入ができません。

薬剤師は、購入者に対して、きちんと説明を行わなければいけないという義務があります。
スポンサーリンク

第2類医薬品

第1類医薬品よりも、リスクは少し下がりますが、使用上の注意を良く理解する必要があります。

第2類医薬品の中にも、特に注意が必要な「指定第2類医薬品」というものがあります。

こちらは薬剤師の他に、登録販売者であっても販売が可能です。

第3類医薬品

第3類は、リスクも低くなります。

薬剤師、登録販売者でなくても販売ができます。

インターネットや、スーパー、コンビニでも購入が可能です。

 

要指導医薬品とは?

第1類医薬品の中でも、特に取り扱い注意とされているものを「要指導医薬品」と呼びます。

規制も一番厳しくなり、購入者情報の提出までが義務付けられています。

副作用や互換性のリスクが特に高いと判断されるものが、こちらに分類されています。

その他にも、医療薬品から、OTC医薬品に変更になったものもここに含まれています。

問診はもちろん、薬の説明も薬剤師から詳しく伝える義務があります。

スポンサーリンク