松茸ごはん松茸(まつたけ)の香りを嗅ぐと、「秋が来たなあ。」と感じさせてくれます。

日本人が大好きな食べ物のうちのひとつですよね。松茸は香りが命ですので、新鮮なうちに、なるべく取った日から2,3日で食べるのがおいしいです。

ですが、お正月のお祝いにも食べたいなんていう方もいらっしゃるかもしれません。

松茸は、冷凍で長期保存ができるって、ご存知でしたか?

スポンサーリンク


松茸の保存方法。短期の場合

どうしても早く食べることができないという場合には、松茸を冷蔵庫に保存します。

一週間以内ぐらいでしたら、ジップロックやタッパーに入れて保存します。

その前に、松茸の下処理をします。
野菜などでもそうですが、土がついたまま保存をすると、冷蔵庫内に雑菌が広がります。
松茸も同じく、土や石づきがついていたら、落とします。

このときに、水でさっと流すといいです。(水に漬けてしまうと、香りが飛びます)

根元の石づきは、鉛筆をけずるように、削って落とします。

その後は、一本ずつキッチンペーパーで包みます。これは湿気が多くならないようにするためです。

それをジップロックか、タッパーの中に入れて冷蔵庫で保存します。

他の食べ物に香りが移らないようにするためです。

 

松茸の保存方法。長期の場合

一週間以上になる場合は、冷凍することをお勧めします。冷凍だと、2,3ヶ月はもちます。

これだったら、お正月に松茸ご飯などを食べられます。

冷凍をする場合は、下処理をして、キッチンペーパーで包んだ松茸を、ラップに包んで冷凍します。

冷凍したものを解凍すると、ドリップしてしまいますので、料理は凍ったまま使うといいです。

半解凍状態のものを切るか、予め使う料理を考えておき、切ってから冷凍するのもお勧めです。

冷凍した松茸は、お吸い物、土瓶蒸し、松茸ご飯、茶碗蒸し、鍋もの、すき焼きなどに使えます。焼き松茸には、水分が出てしまうので向きません。
スポンサーリンク

おいしい松茸の選び方

  • かさが大きいものがいいですが、開きすぎておらず、膜が切れていないものいないもの。
  • 軸の太さは太いもの、重みがあるもの、長いもの。
  • 色は黒いものよりは、白いものを選びましょう。
松茸の一番の魅力である、香りを最大限楽しむためには、やはり取れてすぐのものをいただきましょう。

どんなにきちんと下処理をしても、保存状態が良くても、やはり香りは時間がたてば飛んでしまいます。

旬の時に食べるのが、一番のおいしい食べ方ですね。

スポンサーリンク