コインランドリーコインランドリーは、洗濯機を持っていない人が行く場所・・・

なんて認識はもはや昔の話です。

自宅では洗濯ができない大きなものを丸洗いできたり、梅雨の時期にもカラッと乾燥できたり、パワーがあるので、衣類がふわふわに甦る・・・などなど。

コインランドリーを賢く使えば、クリーニング代も節約になるかもしれません。

スポンサーリンク


コインランドリーの料金相場は?

コインランドリーの中には、機械の種類が違ったり、一度に洗える量が違ったり、電気なのかガスなのかにもよって料金も変ります。

ただ、どこのコインランドリーでも、料金は大体同じような設定になっているようです。

家庭の洗濯機と近いものでしたら、全自動洗濯機で、7キロぐらいまで、洗うだけなら300円

乾燥機付きの場合は800円ぐらい。

ドラム式になると、

10キロ500円
16キロ700円
32キロ1400円

乾燥機付きの場合は

10キロ1000円
16キロ1400円

乾燥機は10分で100円ぐらいですが、3-40分は乾かしたほうが良いでしょう。

他にも靴の汚れを落とす、シューズ用の洗濯機と乾燥機などもあります。
靴用洗濯機は200円ぐらいです。

乾燥機は100円ぐらいです。

 

コインランドリーの賢い使い方

コインランドリーを使う場合は、数枚の洗濯物を洗濯するよりも、大型でたくさん洗ったほうが、お得になります。

布団を1枚洗うのだったら、3-4枚洗える大きいサイズの洗濯機にします。

また布団や毛布、コタツ布団などの大きなものは、クリーニングに出すより、コインランドリーで3-4枚まとめ洗いしたほうが断然お得になります。

乾燥機は、温度が選べますので、殺菌効果もあります。

高温で乾燥すれば、ダニを殺すこともできます。

また厚みがあり、なかなか乾きにくい衣類を、パリッと乾かしたいときには、洗濯は自宅でしたものを、乾燥だけするということもできます。

ガス乾燥などでしたら、乾きも早くタオルなどがふわふわになることも。
スポンサーリンク

コインランドリーのマナー

コインランドリーのマナーで、必ず覚えておかなくてはいけないこと。それは何だと思いますか?

人の使用している洗濯機を、勝手に触らない・・・でしょうか?

もちろん不必要に他人の洗濯物に触るのはタブーですが、洗濯や、乾燥が終了したものは、他の人が取り出しても良いことになっています。

コインランドリーで、覚えておかなくてはいけないマナーは「洗濯や乾燥が終わる時間には、ランドリー内で待機して、終わったらすぐに洗濯物を出す」ということです。

また、コインランドリーでは、ペットの使用したもの、おむつ、吐瀉物がついたものなどは、感染症の危険があります。

油で汚れたものなどは、洗えないことになっています。

スポンサーリンク