反省文を書く会社の規律に違反したり、会社に損失を負わせてしまった場合には、始末書を提出するように言われます。

反省文というのは、始末書ほど重要ではありませんが、放っておくと重大な損失に繋がるかもしれません。

反省分を書くことで、自分のしていることを客観視し、認識することが重要です。

スポンサーリンク


なぜ会社は反省文を書かせるの?

他の社員に迷惑をかけることをしたり、会社の名前に傷がつくようなことをしたり、社会人の振る舞いとして、ふさわしくないことをしてしまった場合。

会社から、反省文の提出を求められることがあります。

自分のしたことを文章にすることで、反省を促し、行動を改めるようにすることが、反省文を書く目的です。

また文書として残すと、証拠が残るということにもなります。

今後同じことをしてしまった場合は、もっと重い罰則が与えられるかもしれません。

反省文の書き方のポイントは?

反省文を書く際は、パソコンではなく手書き(ボールペン等)で無地か罫線の入った便箋に書きます。

便箋の大きさはA4サイズぐらいのもので、書き終わったら白い封筒に畳んで入れて、提出します。

書式は縦書きでも、横書きでも大丈夫です。

まずは下書きをして、自分で読み返して文章のチェックをします。

文章内に書かれていなくてはいけないことは、
    1. 自分がした行為
      いつ、どこで、自分が、何をしたのかを、明記する必要があります。
    2. 理由と反省
      起こった事柄について、どうして起こったのかを書きます。言い訳がましい文章にならないように、注意をして書きます。
    3. 今後の改善策と約束
今後はどう改善するか、そしてもう二度と同じことをしないということを会社に約束をします。

上記の3点については、きちんと語尾に「です」「ます」を使った文章にします。

長すぎて良いということではありませんので、簡潔にまとめて、便箋1枚に納めるようにしましょう。
スポンサーリンク

会社に提出する反省文の例文は?

交通違反をしてしまった時の、反省文の書き方の例文です。

平成○○年○○月○○日

代表取締役社長 ○○○○様
(宛名は上司に提出する場合は上司の役職と名前にします)

反省文

このたびは、私の不注意のため、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

平成○年○月○日、○時頃、営業車をきちんと駐車可能なスペースに停めずに用事をしようとしたため、駐車違反として、罰則を与えられてしまいました。

数分だからいいだろうと、安易な考えで行ってしまったことで会社に迷惑をかけてしまいました。

十分に反省し同じことを再びおこすことがないよう、ここに誓約をさせていただきます。

ご迷惑をおかけし、まことに申し訳ございませんでした。

 

スポンサーリンク