頭抱える頭皮を不潔にしているから、ふけが出る・・・と、認識している人が多いようですが、きれいに洗髪していてもふけは出ます。

でも、ふけはどうにも不潔な印象を持たれるので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ふけのかゆみを治すためにはどうしたらいいのか。それには原因を知ってから対策をすることが大切です。

スポンサーリンク


ふけが出るのはどんな状態?

ふけは頭皮から剥がれ落ちたもので、黒いスーツや紺色の制服などだとふけが肩に積もって見えるし、人にも良い印象を与えません。

ふけは頭皮からターンオーバーで剥がれ落ちた古い角質で、人は誰でも頭皮からふけをなくすことはできません。

ただ、このターンオーバーがうまく行っていれば、目に見えることはありません。

とても大きなものだったり、大量に出る場合は、なにか頭皮に異常が起こっています。

誤ってシャンプーの回数を増やしてしまうことで、頭皮に刺激となり、より悪化してしまうことがあります。

ふけは「ふけ症」なんて呼ばれますが、単に体質と言うわけではありません。皮膚病のひとつと捉えて、治療をすることが必要です。

 

ふけやかゆみの原因とは?

ふけの原因にはいろいろなものがありますが、かゆみの原因になるのは、乾燥と、皮脂過剰の2つです。

他にも、刺激が強く肌に合わないシャンプーを使っていたり、ドライヤーの当てすぎや、カラーリングなども頭皮には強い刺激となります。

また偏った食生活や、ストレス、睡眠不足なども関係していると言われます。
スポンサーリンク

ふけをなくすためにはどうしたらいい?

ふけをなくすには、ふけの原因を探すのが一番の近道です。

ふけには乾燥からくるものと、皮脂過多の脂からくるものがあります。

よく観察すると、ふけの状態も異なっています。

パラパラとして、粉のように落ちてくる場合は、乾燥タイプかもしれません。

髪にくっついて、すこしベタついたような感じであれば、脂ふけかもしれません。

どちらもかゆみを伴うことがありますが、脂ふけのほうが、強くかゆみを感じることがあります。

もし乾燥ふけの場合は、頭皮を洗いすぎないようにします。

シャンプーは皮脂を落としてしまうため、シャンプーを使わず、お湯だけで洗ったり、頭皮を暖めたりすることも効果があります。

脂ふけの場合は、脂っぽい食べ物を控えるようにしたり、適度に皮脂を落とすことが必要です。

ふけ用シャンプーや、低刺激のシャンプーを使うようにします。

シャンプー刺激が少ないよう、ぬるま湯で行うようにします。

ケアをしてもなかなか症状が改善されない場合は、一度皮膚科でみてもらうと良いかもしれません。

かゆみが強い場合は、我慢するのもつらいので、相談してみましょう。

スポンサーリンク