柿スーパーや八百屋さんで売られている柿は、甘くておいしいものばかりですが、あれは甘柿ばかりという訳ではありません。

中には渋柿が渋抜きがされているものも売っています。

渋柿の渋みを抜いて、甘くするにはどんな方法があるのでしょうか。

もし天然の柿が手に入ったときは、是非試してみてください。

スポンサーリンク


柿の渋みというのはどんなもの?

柿には甘柿と渋柿があります。

渋柿は食べると、顔が歪んで、思わず「べーーっ」と言ってしまうような渋さを感じます。

渋みの元は「タンニン」という物質が含まれているせいです。

甘柿の場合は、このタンニンが溶け出さず甘いのですが、渋柿はタンニンが溶け出すために渋さを感じます。

ですが渋柿でも、この可溶性タンニンが溶けないようにすれば、渋みを感じなくなります。

可溶性を、不溶性に変えてしまうということですね。

 

アルコールを使った柿の渋抜き

柿の渋抜きが簡単にできるのは、アルコールをつかったものです。

アルコールは簡単に手に入りますし、家にあるという人も多いので、手軽な渋抜き方法と言えます。

渋抜きにはアルコール度数が35%以上あるものを使います。

焼酎、ブランデー、ウィスキーなど、色々なもので渋抜きをすると、多少風味も変わって、面白いかもしれません。

渋抜きをする柿のヘタの部分に、アルコールを漬けます。

器にアルコールを入れ、ヘタの部分を下にしてチョイチョイと、アルコールをヘタにつけるようにします。

ビニ-ル袋にへたを上にして、きれいに並べて入れ密封します。

密封する前に、上に布や新聞紙をおくと、水分を吸ってくれます。

室温で、直射日光の当たらない、湿気の高くない場所に置きます。

7日-10日程度で、渋さがぬけます。

柿の種類によっては、もう少し時間がかかる場合もあります。
スポンサーリンク

炭酸ガスを使った柿の渋抜き

炭酸ガスを使って、渋抜きをすることもできます。

ただ、あまり家庭に炭酸ガスがあるというのも少ないかもしれないですね。

大量に柿が手に入るようでしたら、家庭用炭酸ガスの購入を、考えてみてもいいかもしれません。

ポリ袋に柿を入れて、空気を抜いたあと炭酸ガスを注入します。

掃除機などで、キッチリ吸い出すと完璧です。

袋が膨らんだら、ガスが抜けないように、袋の口を縛ります。

破裂注意です。

1日ほど置いてから、袋から柿を出します。

さらにそのまま2~3日ほど置くと、渋さが抜けます。

 

ドライアイス、湯、りんごを使った渋抜き

柿とドライアイスを一緒にビニール袋に入れると、渋さが抜けます。ドライアイスを器の下にいれ、柿を上において密閉します。

また、お湯や温泉に漬けて渋さを抜く方法。これは、一番手軽ですが色が変ってしまうという欠点があります。

りんごと柿を一緒にビニール袋にいれておくだけで渋みが抜けます。

少量で手間をかけたくない場合は、お湯やりんごはお勧めです。

スポンサーリンク