血液検査をすると、MCV、MCH、MCHCといった項目があり、それぞれ数値が書かれています。 これらは赤血球恒数と呼ばれますが、その数値から体のどんなことがわかるのでしょう。